So-net無料ブログ作成

KLX250 ブレーキメンテ [バイク(KLX250 FI)]


 11月も下旬に差し掛かった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
  
 
 
DSC_0015.JPG
道頓堀のカニ
 
 
 私の方は、先週、社員旅行で関西方面へ行っておりまして、ブログ更新をサボっ出来ませんでしたm(__)m
 
 
食い倒れたわけじゃありませんが、こういう機会でないと遠出することもなかったので、とても楽しかったです♪
 
 
・・・社員旅行じゃなくて、彼女とのデートだったら、もっっっと楽(略。 
 
 
 
 さすがに旅行ネタを書くわけにもいかないので、今回はKLXのブレーキメンテをお送りいたします。 
 
 
 
 さて本題のブレーキメンテです。
 
実のところ、メンテしたのは栗原林道へ行った翌日に遡ります。 
 
 
DSC_0067.JPG
洗車 
 
 雨後の林道を走ったせいで、泥だらけになったKLXを洗車しながら、
 
「そういえば、ブレーキ周りの清掃全然やってなかったなぁ・・・」
 
ということに気が付き、ブレーキ周りもメンテすることにしました。 
 
 
 
 DSC_0069.JPG
フロント キャリパー
 
 
  メンテといっても、フルード交換はサイクル的に来年でいいので、今回は洗浄のみ。
 
 
フロント部分は、このクラスでは一般的な方押し2ポットキャリパーです。
 
ブラケットからキャリパーを外したら、ブレーキパッドも外して、中性洗剤を溶かしたぬるま湯でブラッシング♪
 
 
 
キャリパー内はブレーキダスト等で汚れていましたが、ブレーキパッド・ピストンには傷も無く、動きもスムーズでしたので、乾かして組み付けていきます。
 
 
 
 DSC_0072.JPG
組込み中
 
 
 今回、バラしてみて気が付いたのですが、パッドの面取りがされていませんでした(前後とも)。
 
 
今まで特にブレーキ鳴きも無かったので、問題はないのですが、生理的に気になったので、・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・するくらいに面取りしてやりました(笑)
 
 
 
 あと、組む際にはパッドの裏側とパッドピンにパッドグリスを塗ると、ブレーキ鳴きを軽減できます(気休め程度ですが)
 
 
 DSC_0074.JPG
トルク管理 
 
 
 せっかくサービスマニュアルを購入しましたので、車体へ組み付ける際には、きちんとトルクレンチを使用します。
 
 
※参考までにトルク値を載せておきます。 
 
・パッドピン:17N・m
 
・キャリパー取付ボルト:25N・m 

 
 
 
最初の頃は、トルクレンチ使うの面倒だな~と思っていましたが、
 
 
「どのくらい締めたらいいんだろう?」とか、「この締め具合で大丈夫かなぁ?」
 
 
なんて悩むのに比べれば、大した手間じゃありませんし、何よりも安心感が違うので、要所に応じてトルクレンチを使用することおススメします♪ 
 
 
 

DSC_0075.JPG
リア キャリパー
 
 
 フロントが済んだら、次はリアキャリパーの清掃に取り掛かります。
 
 
といっても、フロントと同じように、キャリパーを外して洗うだけなんですが・・・見た感じキャリパーボルトが見当たらない?
 
 
こんな時こそ~と、サービスマニュアルを引っ張り出して分解方法を確認。
 
 
 
 「リアホイールを外します。」
 
 
 
マジかよΣ(´∀`;) 
 
 
 
DSC_0076.JPG
(;´Д`)ハァハァ 
 
 
 
 B菌のときは、そんな必要なかったのに・・・と嘆きながら、ホイールを外すw
 
 
リアタイヤ交換時に一度やっていますが、ホイール外しは相応に手間と労力がorz。 
 
 
 
DSC_0077.JPG
 リア キャリパーユニット
 
 
 KLXのリアブレーキは、ブラケットと一体型?のようで、しかもシャフトと共締めなので、どうしてもホイールを外さないとならないみたいです(汗。
 
 
 
DSC_0078.JPG
洗浄中
 
 兎にも角にも、キャリパーを外したら同じように洗浄します。
 
リア側も、パッド・ピストンに異常はありませんでしたが、どうしてもブラケットが邪魔で、かなり洗いにくかったです^^;
 
 
DSC_0079.JPG
リアパッド
 
 
 KLXの純正リアパッドは、プレート(シム)付きタイプでした。 
 
 
このシムは、ブレーキ鳴き防止の役割を担っているのですが・・・どうしてリアだけなんでしょうか? (方押し1ポットだから?)
 
 
 
 DSC_0082.JPG
組込み完了
 
 
 
 パッドの残量は十分ありましたが、やっぱり面取りされてなかったので、ウッ(略。
 
 
 
 DSC_0083.JPG
リアシャフトも。
 
 
 リアシャフト(アクスルナット)も、きちんとトルクレンチを使用して締めます。
 
ただ、トルク値が110N・mと自動車のホイールナット並。加えて、シャフトの割ピン穴が上を向くように!なんて指示があります(抜け防止?)。
 
 
 
  フロント・リアともに組み付けたら、その場でブレーキングして入念に確認し、問題が無ければ走行テストを行い、もう一度パッドピン・キャリパーボルト(リアシャフト)のトルクチェックをして作業完了です♪
 
 
 
インプレというほどではありませんが、キャリパーの洗浄だけでもブレーキの感触が良くなりました♪・・・あ、もちろんプラシーボ効果も含めて(笑)
 
 
 
 
今回はこの辺で(´∀`*)ノシ バイバイ 
 
 
 
 

nice!(10)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 10

コメント 5

タカチケンジ

キャリパーを外すのにホイールを外しますか?ちょっと大変そう。
社員旅行の話も聞かせてください(^v^)
by タカチケンジ (2014-11-24 18:20) 

barrr

どこかで見たカニさんだとは思いましたが…
オフ車といえど、リアディスクキャリパーはホイルを外さないと取れない
ものが多いようですね。キャリパーの洗浄、私はいつもブレーキ
クリーナーでやっているのですが全然綺麗にならないので、今度
この方法でやってみます。
by barrr (2014-11-24 22:51) 

masashi

>タカチケンジさん
ホイール脱着に加えて、チェーン張り調整も憑いてきますので、色々と大変ですw
・・・社員旅行は、ネタ的には十分なんですが・・・その、色々と問題が(笑)

>barrさん
休日だったので埋め尽くすような人混みで、もうカニを撮るので精一杯でしたw

中性洗剤の漬け洗いは、ゴム類への影響もありませんし、けっこう綺麗になりますからオススメです(ホイール脱着が手間過ぎますが^^;)
by masashi (2014-11-25 22:05) 

歳三君

ブレーキ清掃お疲れ様です。
XT250Xもホイール外さないとリヤは外せませんでしたよ。
トルクレンチは良いですね~。
自分はいつも手ルクレンチでドキドキです(笑)
by 歳三君 (2014-11-26 23:01) 

masashi

>歳三君さん
安価なトルクレンチですが、十分役立っています♪
・・・重要でない部分は私も”適当に”手トルクですw
by masashi (2014-11-29 21:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました